Ryabko Systema Shinagawa

 Ryabko SYSTEMA Shinagawa since 2013

モスクワ

モスクワへの旅~旅行会社と宿泊先~

здравствуйте(ズドラーストヴィチェ).


モスクワ本部にトレーニングに行く人が増えてほしい
との思いを込めつつ,,, 
この記事では私が利用した旅行会社とホテルを紹介します.

1,2年目,
 ユーラスツアーズ http://www.euras.co.jp/

3年目(今年),
 JIC旅行センター http://www.jic-web.co.jp/



訪露(モスクワでのトレーニング)が,私にとって初めての海外旅行でしたので,
航空券やらホテルやら,(ロシアだと)ビザやらの手配がサッパリ分かりません
でした.

旅行代金を安く抑えるためには,航空券やらホテルの手配,ビザの申請等を自
身ですべきなのでしょうが,初めての海外旅行を自身のミスで台無しにしたくな
いと理由から,旅行社に依頼しました. 旅行社を選ぶ際のポイントは,『旅の
代金を安く抑える』
こと!!!

大手旅行会社3社,ロシア方面への旅行を中心に取り扱っている旅行会社7社
に見積りを依頼した結果,上記2社が最安値でした.また,挙げた2社ともロシア
方面への旅行を得意としているので,ビザ取得に関する質問への返事や指示
が迅速かつ的確でした.


ホテルは3年とも,
ヒストリカルソヴィエツキーホテル http://www.sovietsky.ru/en/index.php).
※本部道場から徒歩約15分(近道利用),ベラルースカヤ駅から徒歩約20分.



<余談>
旅行会社によるかもしれませんが,,,
1年目(2012年)は,旅行会社に依頼する場合,宿泊先はホテルしか選択でき
なかったように思いますが,2年目(2013年)以降,ホステルを選択できるように
なりました.今年は前年よりも選択できるホステルの数が増えたように思います.

今年は旅行代金を抑えるためにホステルの利用も考えたのですが,勝手知った
るソヴィエツキーを利用しました(朝バイキングが美味しいというのもあり 笑)



こちらの記事では,私が利用した旅行会社とホテルを紹介しました.
 

※ベラルースカヤ駅から本部までの道順はコチラ
※本部周辺の飲食店+αの紹介はコチラ
※シェレメチェボ空港からアエロエクスプレス改札までの紹介はコチラ
※モスクワ滞在中のおすすめアプリの紹介はコチラ
※モスクワ本部のある敷地内の紹介はコチラ

 до свидания (ダスヴィダーニャ)!!!

モスクワ本部への道~敷地内案内~

здравствуйте(ズドラーストヴィチェ).


モスクワ本部にトレーニングに行く人が増えてほしい
との思いを込めつつ,,, 
モスクワ本部がある敷地内を簡単に紹介したいと思います.
(撮影したいくつか画像を誤って削除してしまったため.汗)

本部のある敷地に入ってしまえばまず大丈夫かと思います. が,私が初めて
訪れた際は,通り過ぎて奥のほうにまで歩いていってしまいました.親切な警備
のおじさんがいれば指さして教えてくれたりします.



toHQ200
◆ 警備員さんがいるゲートを抜けてすぐの風景
左の黒い車の奥に本部の建物があります.



toHQ201
toHQ202
toHQ203
◆ モスクワ本部が入っている建物外観と入口
左下写真の<Система>の看板は,扉は開いていると隠れていることがあり
ますのでご注意ください. 
扉を入ってに曲がるとすぐに受付があります.
時間帯によっては人がいないことがあります(朝の早い時間等)ので,そうい
った場合は,建物奥の
ミカエルの部屋トレーニング場に向かってみるとよ
いかと思います.




Price
◆ トレーニングカードの価格表
受付カウンターに置いてあります.
受付を過ぎて,つきあたり(男子トイレ)を左に進みます.



toHQ204
◆ モスクワ本部に向かう廊下
建物にはモスクワ本部以外にもいくつかの会社のオフィスが入っています.
どんどん奥まで進んでいくと,システマのTシャツやDVDが並べられている
コーナー,マッサージルーム,ミカエルの部屋,トレーニング場が現れます.



<その他>
cafeteria01
cafeteria02cafeteria03
◆ 敷地内にある食堂 (かなりオススメ
上写真右側の4階の建物の中にあります.その建物に入ってすぐ左に
食堂があります.右下写真のようにその日のメニューが入口ドアのすぐ
脇に貼ってあります(ただしロシア語).扉を入って右側に料理が並んで
いますので,自分が好きな料理を選んで,店員さんによそってもらいます.

美味しいしボリュームもあります.味,量,価格が満足できる食堂です.



こちらの記事では,モスクワ本部のある敷地内を紹介しました.
 

※ベラルースカヤ駅から本部までの道順はコチラ
※本部周辺の飲食店+αの紹介はコチラ
※シェレメチェボ空港からアエロエクスプレス改札までの紹介はコチラ
※モスクワ滞在中のおすすめアプリの紹介はコチラ

 до свидания (ダスヴィダーニャ)!!!

モスクワ滞在中のおすすめアプリ

здравствуйте(ズドラーストヴィチェ).


モスクワ本部にトレーニングに行く人が増えてほしい
との思いを込めつつ,,, 
私がモスクワ滞在中に利用しているおすすめアプリ紹介します.

モスクワ市内を移動する際は,断然メトロが便利だと思います.バスや路面電車
もありますが,私はほとんど利用したことがないです.
(メトロの料金は1回券40P,2回券80P,5回券150P等々2014/9/11現在)


app02
◆ モスクワのメトロマップ (ロシア語,英語.オフラインで利用可)
出発地と行き先を入力すると,乗換案内や所要時間が表示される優れもの.
日本で販売されているガイドブックにマップが載っていたり,ホテル等にメトロガイド
(ロシア語・英語)が置いてあったり,メトロの入り口などにマップが貼ってあったり
しますので,それらで事足りる人には不要かもしれません.




app01
◆ モスクワの観光ガイド (ロシア語,英語.オフラインで利用可)
私は,主にモスクワ市内の地図閲覧用として利用しています.
モスクワ市内のWifi環境は良いと思いますので,通信料金が気にならない方は
Google Map等を利用するのでしょうが,お金を節約したい私はこちらの地図を
最大限に利用しています.
地図だけでなく,カフェやレストラン,観光地,ホテルやホステル等の紹介や,簡
単なロシア語フレーズ,メトロマップも紹介されていますので,使い勝手は良いと
思います.



こちらの記事では,モスクワ滞在中のおすすめアプリを紹介しました.
 

※ベラルースカヤ駅から本部までの道順はコチラ
※本部周辺の飲食店+αの紹介はコチラ
※シェレメチェボ空港からアエロエクスプレス改札までの紹介はコチラ


 до свидания (ダスヴィダーニャ)!!!

モスクワ本部への道~シェレメチェボ空港編~

モスクワ本部にトレーニングに行く人が増えてほしいとの思いを込めつつ,,, 
手荷物受取~アエロエクスプレス乗車(@シェレメチェボ空港)までを紹介します.

<注意>PC閲覧用として記事を書きましたので,スマホ等で見ていただく
      際は表現が適切でない場合がありますので,ご注意ください.


初めてロシアを訪れたときは,事前に申し込んだ(日本の旅行社に依頼)タクシー
を使って空港からホテルに向かいましたが,アエロエクスプレスの方が断然安い&
利用しやすいということが分かり,2年目以降アエロエクスプレスを利用しています.

日本からの場合,ほとんどがターミナルDになるかと思いますので,ターミナルDの
手荷物受取所からアエロエクスプレスの改札までを紹介します.


※以下の画像はシェレメチェボ空港(http://www.svo.aero/transport/ )より引用

aero01
◆ 上図:空港と駅との位置関係はこんな感じです.
手荷物受取所から駅までは,徒歩10~15分位だったと思います.
表示(よく探せば見つかる)に従って,建物の中を歩いていけば辿りつけます.



aero02
◆ 1F 手荷物受取所
最大の難所となるであろう受取所出口...その理由は,タクシーの客引き.
海外旅行に慣れた方にとってはなんてことないでしょうが・・・
受取所を出てすぐ,
に進むと表示(電車のマーク)が出てます.見当たら
なくとも,エレベーターかエスカレーターを使って
3階に移動します.


aero03
◆ 3F 出発ロビー
紹介しているエレベーターを使用した場合,出口がカフェの店内にあります
ので一瞬ドキッとするかもしれませんが,問題ありません.エレベーターを
降りて右に進むと,また表示(電車のマーク)が現れます.黒矢印からはほ
とんど一本道ですので,まず迷うことはないかと思います.途中,ターミナル
E&Fへの分岐さえ間違えなければ大丈夫です.


aero04
◆ 3F 駅周辺
分岐を過ぎると,数多くのカフェやショップが並ぶ通りになります.
ショップが並ぶ通りの中と,改札のすぐ前に,図中左上のような券売機があり
ますので,見かけ次第購入すると良いと思います.言語もいくつか選べます
ので,英語が多少できれば問題ないかと...
英語に不安があっても,とにかく400P(ルーブル.2014/9/10現在)のチケット
(空港から終点のベラルースカヤ駅までの自由席のチケット)を買って改札ま
でいけば大丈夫です!


アエロエクスプレスに乗ってしまえば,30~35分後にはベラルースカヤ駅(モ
スクワ本部の最寄駅)到着となります.

ちなみにタクシーを利用する場合ベラルースカヤ駅まで大体2000Pです.
所要時間は道路状況により50分~2時間.ただロシアは白タクが多く,事前に
ロシア語での価格交渉が必要となります.語学またはコミュニケーション能力
に長けた方はチャレンジしてみてもよいかと思います.



こちらの記事では,荷物受取~アエロエクスプレス改札まで(@シェレメチェボ
空港)を紹介しました.
 

※ベラルースカヤ駅から本部までの道順はコチラ
※本部周辺の飲食店+αの紹介はコチラ

 до свидания (ダスヴィダーニャ)!!!

モスクワ本部周辺の飲食店+α

モスクワ本部にトレーニングに行く人が増えてほしいとの思いを込めつつ,,, 
モスクワ本部周辺の飲食店+α を紹介します.

<注意>PC閲覧用として記事を書きましたので,スマホ等で見ていただく
      際は表現が適切でない場合がありますので,ご注意ください.

訪露前,私自身ロシアでの食事が口に合うのか,ものすごく不安でした.
が!今ではロシアでの食事が楽しみになるほど,好きになっています.

toHQshops
◆ モスクワ本部(★)周辺の飲食店+α



shop01shop02
◆ ①周辺のお店
写真左がスーパー,写真右がパン屋さん.
本部に寝泊まりする予定の方は,この2カ所+本部がある敷地内の食堂
(後日アップ予定)の行き来だけでこと足りるかも.

 
shop04shop031shop032
◆ ②周辺のお店
写真左がスーパー.写真中央がパン屋,写真左がパン屋のショーウィンドウ.
私は,ロシア語(キリル文字)を読めるようにはしていきましたが,あとはさっぱり.
買い物のときは,以下の言葉だけでやりとりしてます(笑)


извините (イズビニーチェ)」      すみません.
Я Хочу это (ヤハチューエータ)」   (指さして)私はソレがほしい.
もしくは「это и это (エータ イ エータ)」 (指さして)ソレとソレ.
всё (フショー)」                (これで買うものは)全部.
сколько стоит (スコイカストイート)」  いくら?
спасибо (スパシーバ)」           ありがとう.

あと,ショーウィンドウに書いてある内容もさっぱりなので,見た目だけで選んでます.
どんな味なのか,具はなんなのかは,食べてからのお楽しみです.



toHQ09toHQ10
◆ ③周辺のお店
どうしてもロシアの味に馴染めない方は,写真左のSUBWAYへ!
写真右に見える樽(のお店.この日はclose)は,квасクヴァス)屋さん.
ライ麦パンを発酵させた炭酸飲料です.独特の味わいで,私の大好物です.
行くたびに飲む量が増えています.



shop05
◆ ④周辺のお店
駅~道場の道から少し離れますが,私一番のお気に入りのパン屋です.
理由としては,種類が豊富なこと,味がいいこと,店員さんが親しみやすい
こと,指さして選びやすいこと,です.



shop06shop07
◆ ⑤周辺のお店
写真左がスーパー,写真右がミリタリーショップです.
ミリタリーショップにはシャシュカも置いてます.ミリタリー好きにはたまらないかも.



shop08
◆ ⑥周辺のお店
写真右の左側がホットドック(等)屋,右側がパン屋.
左側のホットドック屋も,何気に私のお気に入り.ジャンクフード好きは是非!



town03town02
◆ ⑦周辺のお店
またまたロシアの味に馴染めない方は,KFCやバーガーキングへどうぞ!
⑦周辺にはカフェやパン屋,ケバブ屋の他に衣料品店や日用雑貨店もちら
ほらありますので,食品以外でなにか必要があれば足を運んでみるといい
かもしれません.あと,モスクワのカフェは多くがWifi Freeです.



toHQ01
◆ ⑧周辺のお店
ちょっとしたビジネス街になっています.
STARBUCKSやSUBWAYの他,カフェやBar,レストラン,スーパー,パン屋
等があります.平日の昼間でしたら
Бизнес-ланч(ビジネスランチ)の文字を
探して入ってみると良いと思います.【
Бизнес-ланч 280P(ルーブル)】の
ように価格を表記していることが多いので,お金に心配性な私も安心して入る
ことができます.年々ビジネスランチを提供するお店が増えているような気が
します.



shop09
◆ ⑨周辺のお店 
Facebookで少し紹介しましたが,高級スーパーです.日本製の飲料や洗剤を
見かけました.漢字で「武士道」と書かれた粉コーヒーもありましたが,それは
スイス製でした(笑).ちょっとよさげなパンやスウィーツをお求めの際はこちら
を利用するとよいかも.


こちらの記事では,本部周辺の飲食店+αの紹介でした.
 

※ベラルースカヤ駅から本部までの道順はコチラ

 до свидания (ダスヴィダーニャ)!!!

「モスクワ滞在」体験記

  
「モスクワ滞在」体験記 (by 菜保)


 初めてモスクワに行ったのは2012年の夏,2週間ほどレギュラークラスに
参加し,練習に衝撃を受けました。2013年の夏から秋(日本人の私には9月
下旬からもう冬に感じました)までインターナショナルセミナーを含め2ヶ月半
ほど滞在しました。


 モスクワのジムでは,システマを学びたい全ての人にとって居場所があります。
言葉の分からない外国人でも温かく迎えてもらい,システマの奥深さを感じられ
ます。各インストラクターの個性が強烈でそれぞれ違う形でトレーニングする,
でもその中で「システマ」といえるものをもっている,2回目の滞在でそれが何か
知りたいと思いました。


 インストラクターも練習生も「システマ」をやろうとする態度が徹底しています。
初めて行ったとき,どうしていいか分からなかったワークが,2回目に行ったときに
は何を求められているか分かるようになり「少し成長できた」と思うのです。が,
少しでも力んだり無理な動きをするとパートナーからNO!を言われるのは同じ。ジム
に通っている人と一緒に練習していると,私を大きく動かしても「今の自分の動きは
違っていた」と首を横に振り,私のほんのちょっとのいい動きに対して「それだ!」
と喜んでくれます。


 同じ練習時間でも,自分が本当に「システマ」をしている時間がどれだけあるか,
質の違いを痛感します。それを感じて練習していかないと,ミカエルに「日本のシス
テマが10年遅れている」と言われたことが,数年後には何十年分もの差になっている
のではないか,それどころか何年練習してもシステマを始めてもいないのと同じにな
ってしまうのではないかと思っています。


 ミカエルの近くにいられるというのは,貴重な経験でした。セミナーで大勢の参加
者一人一人がミカエルと繋がっている感じ,雑談を含め色々な話が聞けたこと,鞭で
軽くたたいてもらって一気に爪先まで血が巡り私が喜ぶと「特別なことじゃない。こ
れがドクターだ」とニコニコ鞭の先を指していたこと,たくさんの動きがその場で見
られたこと,ミカエルに体をねじられたりたたかれたりした人達の変化が伝わってく
ること,そしてそれを見ている人達の表情の変化。


 昨年の2ヶ月半の滞在,時間とお金をかけ楽しんで練習すれば「何かは得られるだ
ろう」と期待していました。その通り時間とお金はなくなり,でも,「何かを得る」
ことはありませんでした。ただ,滞在が終わったとき,自分の中にずっとあった疑問
の答えが見つかり,そのことが本当に嬉しかった。


 少しでも「いってみようかな」と思っている方,ぜひモスクワに行かれることを
お勧めします。

 

※ 以前システマジャパンのHPに掲載されていた菜保インストラクター
  「
トレーニングツアーtoロシア2014」の勧誘文みたいなものです.
  モスクワでのトレーニング風景がありありと伝わってくる感じが
  しますので,こちらのブログにもアップしました.

モスクワ本部でのトレーニング

  
小山陽平です.2012年の夏にモスクワ本部の通常トレーニング,2013年の夏に
通常トレーニングと本部セミナーに参加しました.


私にとってのモスクワ本部でのトレーニングは,「心や体のテンションを浮き
彫りにされる場」「リラックスの足りなさを痛感させられる場」です.


2度の訪露で,一番多く掛けられた言葉は「No!(違う)」で,2番目に多か
った言葉は「More Relax(もっとリラックス)」でした.


『少し上達したかな?』という自身の思いを,ことごとく打ち砕いてくれて,
永遠に初心者であることを痛感させられます.
但し,それを感じてガッカリする
というよりは,何だか嬉しくなる感覚が自分にはあります.


今年も『去年よりは上達したかな?』という思いをもって,モスクワ本部の通常
トレーニングに参加する予定です.待ち受けるのは,数多くの「No!」だと思
いますが...


私は仕事の関係でツアーには参加できませんが,マスターやインターナショナル
インストラクター達の話を日本語の通訳を介して聴けること,日本語で質問を投
げかけられることを羨ましく思います.


というのも,本部の通常トレーニングに参加した際は,英語を話せるインストラ
クターや練習生がロシア語を英訳して伝えてくれるのですが,さすがに全てとい
うわけにはいかず,聞き洩らしてしまっていることが多いからです.


時間の都合がつく方は,是非ともトレーニングツアーtoロシア2014に参加してみ
てください.


<追記>
航空券やビザの取得は,全て旅行会社にお願いしました.万が一それらに不備が
見つかってあって,出入国出来ないといった事態を避けるためです.


※ 以前システマジャパンの方から依頼されて書いた「トレーニングツアー
  toロシア2014」
の勧誘文みたいなものです.自分で書いた記事ながら,
  読み返すたびに謙虚になれるので,こちらのブログにもアップしました.
Article search
  • ライブドアブログ